久永はスマート林業を推進します!
様々なソフトウェアやハードウェアを提供することで
お客様のスマート林業をお手伝いします。
これからの林業を安全で、魅力のある職場にしていきましょう。
豊富なICTソリューションで多くの
シチュエーションに対応可能!
 
スマート林業とは
林業は、広大な森林を対象とし、造林から育成まで長い年月をかけて、重量のある木を収穫するという特徴を持った産業です。今後、国内の労働人口は減少することが予測されています。林業においても例外ではありません。そこで、ICT技術を駆使して行うスマート林業に注目が集まっています。ICT技術により、一人当たりの生産性を向上させると共に、労働安全の確保、雇用形態の安定化などによる担い手の確保・育成が重要となっています。
スマート林業におけるICT技術を提案
資源量把握・境界明確化・木材検収に対応可能です。
AssistZ・OWL・ARUQ・木材検収システム 提供
Assist Z   3次元点群処理ソフトウェア
点群データから
カンタンに材積計算
点群データから樹木の先端部分を自動で抽出し、フィルタリングした地表面より樹高を自動で計算します。
また、林小班などの属性データを別に与えることにより林小班、樹種別に分けた集計ができます。これらの集計データは材積計算帳票としてExcel形式で出力ができます。
樹頂点抽出   樹冠生成
精密地盤データを用い
路面を自動生成
UAVレーザー測量などで取得した地盤データをAssistZに取り込み、縦断勾配や切盛高、横断幅員などの路線の作成条件を入力することで自動で路網設計のシミュレーションを行います。それにより、土量やコスト計算を行うことができます。
OWL   森林3次元計測システム
OWL(フクロウ)の目のごとく
立木をスキャン
高い能力でターゲットを逃さない
スキャンボタンを押下すると、レーザースキャナが45秒間に180°回転。
1秒間に43,200点のレーザーが空間を飛んで立木を捉えます。
2地点以上のスキャンデータをもとに立体合成し、正確な情報を取得します。
計測の記憶をビジュアルで再現
胸高直径や樹高・曲がりはもちろん、計測データから位置図や平均材積など多彩な情報が得られます。
また、3次元で林内を表現するウォークスルーなどでいつでもパソコン上で森林を再現できるなど、計測装置に止まらない優れた能力を発揮します。
ARUQ   -Android-
GNSS測量システムが待望のAndroid版となって新登場。
Android Tabletでもお使いになります
簡単操作でGISデータ収集・調査
・概略測量・ナビゲーションに対応!
土地の境界明確化に最適
ARUQは現地で画面をタップするだけで誰でも簡単に測量結果を登録・ご活用いただけます
複雑な操作は一切不要なので、ミスを防ぎ、大幅な作業の省略化が可能です。
外部機器との連携
DGNSS受信機とレーザーコンパスを連動して用いることで、現場測量作業をよりスムーズに行えます。
木材検収システム
簡単操作で検収作業にかかる時間を大幅に短縮。
モバイルプリンターでの印刷にも対応!
3つの入力機能で検収作業をサポート
ディープAI画像認識で素早く検収
スマートフォンで撮影した写真から木材を認識し、径級サイズを割り当て、素早く本数・材積確認を行います。ディープラーニングを取り入れることで認識能力を大幅に向上させました。
タップ入力5つの特徴
●樹種、材長入力後、径級をタップするだけ
●検収途中でも材積確認可能
●直前タップ箇所を濃い色で表示
●同一径級の一括入力にも対応
●樹種、材長、所有者、出荷先など個別に集計可能
音声入力機能搭載
読み上げた径級を自動認識します。認識した径級はイヤホンからオウム返しされるので都度確認ができます。
オフライン環境下での利用も可能。
林地台帳管理システム 
自治体様に求めらえる事務支援が行えるシステム
林地台帳管理システム機能例
1.森情報の参照機能
●森林簿データの参照
●森林設計図の参照機能
 
2.森林情報の検索機能
●林小班、所有者検索
●大字、番地検索
3.公表、情報提供機能
●公表様式への対応機能
●電子データによる情報提供機能
 
4.セキュリティ機能
●システム起動時のパスワード設定
●公表時の個人名のマスク機能
森林情報管理システム機能例
1.林地台帳データ参照機能
●林地台帳データの参照
●検索機能
 
2.林地台帳データの修正・更新機能
●林地所有者の修正、更新機能
●修正結果の履歴管理
3.森林情報の着色機能
●森林簿情報(樹種、樹齢などを)着色
 
4.セキュリティ機能
●システム起動時のパスワード設定
提供
お気軽にご相談ください
Tel : 099-210-0555
定休日 土曜、日曜、祝日 / 受付時間 9:00~17:00
ICT推進グループまでご連絡ください。